News イタリアンレストラン T-parh(ティーパス)

4.ディナー

ほろ苦さと甘さで

2018年2月21日 11:36 PM


トップの緑野菜はプチ・ヴェール。
芽キャベツと青汁のケールを交配させて、
作った野菜でケール独特のほろ苦さが美味
いです。

ほんの少し焦がし気味にソテーするとます
ます美味しい。

卵の甘さが引き立つリガトーニのカルボナー
ラと合わせました。

DSC_2986

今日の野菜とコースと春と

2018年2月16日 11:27 PM


薩摩弁バリバリのマニー農園さんから朝一番
に野菜が届きました。

DSC_2990

そんな夜のコースから2皿。
タルティーボも使いつつ、真蛸のカルパチョ
に日向夏を添えて。

DSC_2991

パスタはレンズ豆と大麦、小麦の入った
トマトクリームソース。プチヴェールの
ソテーをトップに置きました。

DSC_2993

最近、妙に暖かいですね。
このまま春になっちまえばイイなぁ~。

スカンピの生ハム巻き

2018年2月4日 11:24 PM


先日、抜歯しますって報告しましたが、
結局、あまり痛くなかったです。

もともと根っこしかなかったんで、ちょ
っと削って、少しづつガリガリ壊してい
ったって感じでした。

むしろ今夜、本格的に風邪をひきました。
そっちの方がキツイ・・・。
明日明後日は定休日なんで、この2日で
治すつもりです。

さて、今日みたいに寒い夜のご来店をあり
たい訳で、そんなテーブルの1皿はスカン
ピです。

DSC_3003

鱸はソテーし、イカ墨のリゾットを添え、
スカンピに身には生ハム巻きました。

付け合わせの野菜は菜の花と春雷。
今夜も愉しい夜をありがとうございました。

合鴨入荷と抜歯

2018年1月29日 11:46 PM


ずっとずっとずっと、仏産の鴨が手に入
りません。
鶏インフルエンザです・・・。

どうしても鴨を料理したい気分が抑えられ
なくて、試しにハンガリー産の鴨を仕入れ
たら全く美味しい!

ゆっくり、ゆっくり低温で火入れしました。
付け合わせは、蕪と黒ニンジン。

さて明日は定休日です。
定休日のほとんどは歯医者に行っています。
7~8年も・・・。

割と歯医者の治療は好きな方で、麻酔の注
射なんかはもう慣れたもの。ドリルのガガ
ガも気にならない。歯茎グリグリも平常心。
なにかわからないケド、歯がじわぁ~と熱
くなるヤツはむしろポカポカ気分。

神経への注射は、爆弾が破裂したかと思う
痛さなのでちょっと怖い。

明日は抜歯。7~8年も通ってて抜歯をした
記憶はあまりない・・・。
憂鬱な定休日になりそうです。

DSC_2985

チーズで早めの乾杯と深夜の乾杯と

2018年1月28日 10:26 PM


最近、夜は夕方17時から営業しています。

ご近所さんが、家での夕食前のちょっと1杯
なのか、軽くチーズとワインで軽食を取られ
る様になりました。

日没前の夕方の庭の景色はなかなか、おつな
ものです。

DSC_2972

そんなチーズの1品がコレ。
以前も少しご案内しましたが、ダイワフ
ァームさんのカチョカヴァロ。

凝縮した濃厚なチーズのステーキです。
網焼きにした自家製バゲットなども添
えています。

アラカルトメニューでご用意しています
が、かなりヘビーなチーズなので、この
1皿でおなか一杯気味。
ワインやビールが進みます。

DSC_2993

家での夕食前のご利用もあれば、家での夕食
後の2次会?的なご利用もあり、この日は9時
ぐらいからのご来店。

DSC_2997

じっくり、ゆっくり飲んで、チーズをつま
んで深夜2時近くまで楽しんで頂きました。

2名でビール&ボトル3本って凄いなぁ~
と思いつつ自分も途中で合流しちゃってま
すが・・・。

県外を含め遠方からお越し頂くお客様もさ
る事ながら、ご近所さんのご利用も増えて
きており嬉しい次第です。

先日の続きの2品

2018年1月20日 12:47 AM


先日、カッチョカバロとアニョロッティ
の仕込み過程をアップしましたが、その
出来上がりです。

カッチョカバロはステーキに。
バゲットと生ハムに春雷と更にサンタンド
レを添えました。

DSC_2979

アニョロッティはグラナチーズと胡椒がベー
スのガーリックバターソースで。

少し焦がし気味にソテーした菜の花を。

DSC_2982

クリームブリュレ

2018年1月20日 12:38 AM


お出しする直前に表面のグラニュー糖を
振りバーナーでこんがり焼きます。
少し冷蔵庫で冷やすとカリカリの蓋が出
来ます。

これをバリバリ壊しながら食べるのが、ク
リームブリュレの醍醐味です。
中はトロトロ。

DSC_2986

ダイアファームさんのチーズ

2018年1月18日 11:26 PM


小林のダイアファームさんのカチョカヴ
ァロと言うチーズです。
小ぶりで可愛い。

先日の定休日に小林市のダイアファーム
さんに行って来ました。
もちろんソフトクリームも食べました。

カチョカヴァロは吊るして作る南イタリ
ア地方の硬質で、スライスしてそのまま
食べても美味しいですが、輪切りにした
後そのままフライパンでステーキの様に
ソテーすると焦げ目と熱で溶けたとろみ
が美味いのなんの・・・なチーズ。

DSC_2974

豪快にステーキにするのが何よりですが、
今回は割と地味目ですが・・・、アニョロ
ッティの隠し味として使いました。

DSC_2975

「美味しくなぁ~れ」と思いながら包みました。

DSC_2976

馬刺しをアンティパストで

2018年1月15日 1:22 AM


熊本から直送の馬刺しを使ったアンテ
ィパストは約1年半ぶりの復活です。

噛みしめると、とろける様な舌ざわ
りで噛みしめないと言う柔らかさ。

そして後から甘みをネットリと感じま
す。今回はトレヴィーゾ・タルティー
ボと合わせました。

コレがシャキシャキしつつほろ苦さと
甘みもあり、馬刺しとピッタリの相性
です!

夜のアラカルトメニューの1品です。

DSC_2976

今夜の2皿

2018年1月8日 11:58 PM


クリスマスから年末、年明けの連休を
過ごし、ようやく今夜から落ち着き始
めました。

昨日の夜はスプマンテから始まり、焼
酎も1本ガッツリいった後、ワインで
終了。実に楽しいテーブルでした。

大阪からのワインアドバイザーさんから
も、いろんな楽しい話を聞けました。

ワインの特別手配をリクエストを頂いた
お客様もご満足頂けたかと思います。

さて、
今夜はゆっくりまったり語りつつな夜。

そんな夜の1皿はホタテの貝柱のグラティ
ナーレ。ベシャメルソースに少しエストラ
ゴンを溶かしています。

DSC_3000

パスタはプロシュートで出汁を取り、ズッキ
ーニと芽キャベツを絡ませました。

冬と春の素材を使って。

DSC_3002

牡蠣のグラティナーレ

2018年1月6日 12:36 AM


牡蠣のグラタンです。
これにはやっぱり白ワイン。
牡蠣も白ワインでポシェして、ベシャ
メルソースとミモレットも少々。

湯引きした貝柱に京人参のピュレを添え
ました。
寒い夜は熱々のハフハフでした。

DSC_2971

炙って炙って

2017年12月29日 11:28 PM


ハーブでマリネしておいたスカンピの
腹を炙って、

DSC_2974

頭も炙って、

DSC_2975

爪も炙って、尾っぽは余熱で軽く火が入ります。

DSC_2976

DSC_2970 (2)

こんな2皿を作りました。

DSC_2978

うまい事ばらけたクリスマス

2017年12月29日 11:17 PM


流石に最近はバタバタしててブログの更新
を疎かしてました・・・。

クリスマス期間中はたくさんのご予約を頂き、
本当にありがとうございました。

これまでは18時なり18時半なりのスタート
で実施してましたが今年は17時からの予約受
付した為、お客様のご来店がうまい事ばらけて
ゆっくり楽しく調理できました。

なんせ1人で作ってるもんですから、同時に3
~4テーブルを同時にこなすのはキツかったこ
れまででした。

17時スタートと言う事もありランチはちょっと
早めに閉めちゃいましたが。

ワイン達も頑張りました!

DSC_2986

お口取りは真蛸

2017年12月15日 11:57 PM


寒い日が続きますね。
25日は若干空きがございますが、おかげ様
でクリスマス期間はほぼ満席になりました。

先日の夜のお口取りの1皿。
真蛸のカルパッチョです。粒マスタードのソー
スに甘酸っぱい白ワインのジュレを添えました。

DSC_2968

 

余分な脂を

2017年12月2日 11:09 PM


宮崎産の黒毛和牛のリブロースです。
リブロースの部位の中でもちょっと
脂が多すぎる箇所があります。

その際は網焼きにして余分な脂を落と
し香ばしく焼き上げます。

ちょっとしたスモーク仕立てにもなり
ます。

DSC_2969

冬の焼き菓子

2017年11月26日 1:21 AM


ガトーショコラです。
カレーと同じで2日目ぐらいから味が
馴染んで美味しい。

水飴と蜂蜜を使ったカシスのソースを
添えてご提供する予定です。

DSC_2952

お口取りの1皿

2017年11月25日 12:51 AM


寒いです。

ご来店されてもしばらくは体が冷えて
いると思います。

ファーストドリンクは基本的にスプマン
テやビールの泡ものや、他は冷えた白ワ
インが多い中、コースの1皿目のお口取
りがいつものハムやチーズだと寒さ倍増
と思い温かいお口取りをご用意した、と
あるテーブル。

が、凝り過ぎた・・・お出しするまで
ちょっと時間が掛かり過ぎました。

じゃが芋のニョッキをベースに、豆乳
と京都芋のピュレのソース。
ドライオレガノとフェンネルにオリーブ
パウダーを添えて。

この1皿から始まった楽しい夜でした。

DSC_2944

クリスマスディナー

2017年11月19日 11:52 PM


いつもご利用頂き誠にありがとう
ございます。
「クリスマス特別コース」のご案内
です。

◆期間
2017.12/23(土)~25(月)

◆金額
お一人様 6,500/税別(2名様~)

◆料理
・冷たい前菜
・温かい前菜
・ポルチーニのパスタ
・門川港獲れの魚料理
・黒毛和牛ステーキ
・ドルチェ&カフェ

◎キャンセルの際は前日までにご連絡をお願い致します
(当日キャンセルはキャンセル料が掛かります)

たくさんのご予約をお待ちしております。

夜の料理の途中の色々

2017年11月16日 11:56 PM


調理途中のいろいろです。

下味を付けた豚フィレを生ハムで巻い
て、全体的に焼き色を付けてオーブン
でゆっくり火入れします。

もちろんメイン料理です。
最終的にはゴルゴンゾーラとクルミの
ソースで絡めます。

DSC_2919

次はフリットです。衣はイースト菌で発酵
させた衣を使います。ふっくらサクサク。

1年に2度の旬がある地獲れの鱧。
最後にハーブのソースを回しかけます。

DSC_2922

最後はニョッキ。こんな寒い夜は、
濃厚なソースが合いますね。

DSC_2923

夜の営業は17時の景色から

2017年11月16日 12:28 AM


HPの表示は作業中に付き、まだそのま
まですが、夜の営業時間が変わります。

日没が早いですね。

17時半にはすっかり暗くなってしまい
ますが、夕方の庭の景色は絶景です。

DSC_2917

アペリティーボ(食前酒)と一緒に前菜などを
楽しみながらそんな日没をのんびり眺めると言
うのは如何でしょうか?

DSC_2891

と言う訳で夜の営業時間が、
18:30→17:00へと変わります。

チビリチビリ飲みながらゆっくりと時間を
過ごすもよし。しっかり飲み食いするもよ
し。
様々なシチュエーションでご利用下さい!


  • カレンダー

    2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
  • 月間アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近の記事

  • 最近のコメント

  • * RSS FEED