News イタリアンレストラン T-parh(ティーパス)

5.ある日のワイン

沈黙・祈祷・精進・労役

2018年6月20日 10:28 PM


賑やかにワイワイと、

DSC_3208

いい感じで騒がしく、

DSC_3089

食べ尽くしながら、

DSC_3091

ラツィオ州ヴィトルキアーノで78人の
修道女さん達が“沈黙・祈祷・精進・労役”
の厳粛な戒律のもとに作ったワインを慎
ましくお楽しみ下さい・・・。

合唱。

トレッビアーノ、マルヴァジーアなど4種
の葡萄を使ったワイン。素晴らしい1本で、
あまりお目にかかれない味わい。
ほどよく冷やすぐらいがいいと思います。

DSC_3209

鶏のテリーヌ

2018年6月17日 12:26 AM


今夜のアンティパストです。
あっさり目の前菜です。

多少のあっさりをカバーする為に、
プロシュートと粗みじんのオリーブ
を添えました。

DSC_3201

MASSA VECCHIA
トスカーナ州。
ブドウはメルローとサンジョヴェーゼ。

DSC_3184

今夜は珍しくお一人様のお客様が
数組。それぞれが前菜とワインだけ
でゆっくり時間を過ごされていまし
た。

いろんな種類のワインを楽しんで
頂いた夜でした。

この後の感触が好き

2018年6月15日 10:33 PM


ここまできといて、最後にコルク
を摘まんでゆっくり指で抜いた時、
シュッとコルクが抜ける瞬間が好
きです。

ただし、最近はちょっと長めのコル
クもあります。そんな時はコルクが
折れやすいので要注意。

DSC_3189

“ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプ
ルチャーノ”。
トスカーナ州の2009年。

DSC_3192

マティスとライカと10年と

2018年6月10日 11:21 PM


トスカーナ州のヴェルメンティーノ
ことマティス。
キリリとした酸味とほのかな苦み。

昨夜のスタートはフランチャコルタ
から始まり、その2本目がコレ。

DSC_3183

さて一昨日はカメラ(ライカ)が趣味
の常連様。都城からいつもありがとう
ございます!

ライカのレンズを向けられたアンティ
パストミストも緊張気味?
手前ではヴェネトのサッサイアも待機
中。

ご結婚10周年!
おめでとうございます!
ん?思えば10年ほどご来店頂いて
いるお客様やん!
それぞれの10年でございますね。

DSC_3135

微発泡とトリュフと

2018年6月7日 12:21 AM


微発泡ことフリザンテはウンブリア
州のトレビアーノ種です。
辛口ではありますが、桃・パパイヤ・
リンゴなどの果実味を持った爽やか
な味わいです。

コルクではなく王冠です。微発泡な
ので“プシュ”とガスが抜ける可愛い
音。優しく舌を刺激する泡が心地い
いですね。
よくよく熟成しているせいか、澱
だか酒石もやや含まれています。
旨い証拠です。

初夏にはピッタリの1本を入荷しま
した!

DSC_3131

次はチーズ。
サルディーニャ産のペコリーノ。
黒トリュフを練りこんだ羊のチーズ。
上質なミルクの風味と芳醇な香り。
これも本日入荷。

おかげ様で今夜も午前様のワインな
夜でした。ご来店ありがとうござい
ました。

DSC_3133

ワインの入れ替え中

2018年6月3日 10:30 PM


ワインの入れ替えを検討しつつも、
とりあえずそんなワインに合う新
メニューのおつまみを紹介です。

通称“じゃがブルー”。
粗めにマッシュしたじゃが芋とゴル
ゴンゾーラチーズとクルミを和えた
ものです。隠し味として蜂蜜も入れ
ています。
この夏の白ワインに最高に合います!

DSC_3133

白ワインと言いつつもスプマンテと
フリザンテも今週中に届く予定です。

DSC_3136

 

同時にまたヴィアザビオさんのチーズ
も入荷します。
ワインと料理とチーズのいろんな組み
合わせをお楽しみ下さい。

6月は

2018年5月31日 12:02 AM


そろそろ5月が終わりますね。
今月もたくさんのお客様のご来店
本当にありがとうございます。

DSC_3126

これまでも1カ月に2~3回はちょこ
ちょこ新しいヴァンナチュール・ワイ
ンが入ってますが、6月もチーズを含
め色々入荷する予定です。

DSC_3123

入荷が多くワインリストを書き換え
るのが間に合わなくなっています。
リストにあるワインがなかったり、
リストにないワインもそろってきて
います。

DSC_3127

なので、リストにあろうがなかろう
が、「あんな感じ、こんな感じ」っ
てご希望を是非お伝え下さいネ。

何かしらきっと気に入って頂ける1
本があると思います。

ワイン!ワイン!と言いながら、今夜
はカウンターでじっくりウイスキーを
楽しまれるお客様をお見送りも今終わ
り今夜は終了!

ウマいワインとは

2018年5月6日 10:01 PM


ワインの味わいを表現する言葉は色々
ありますね。

赤ワインですとタンニンが・・とか、
果実味、スパイシー、余韻などなど。

白ワインですと、フルーティー、酸味、
レモンとかライムとか麦わら色とか。

ロゼだと、スプマンテだと・・・。
色々あります。

DSC_3060

そんな中で、作り手さんの顔が浮かぶ
様なワイン。

つまりその畑で家族なり従業員さんだ
ったりみんなで1粒1粒を手摘みして、
圧搾や発酵などの醸造の風景が浮かぶ
様なワインに出会うと、その感想はも
はや、

「ウマい!」しかない。

しかも安いに越した事はない。

DSC_3050

その次に思うのが、

誰と飲みたい。
どんな話をしたい。
そしてどんな食事に合わせたい。
いやいやハムとチーズだけでいい。

そんなワインをもっともっと増や
したいのですよ。

だってほろ酔いで共にお喋りする
のは楽しいじゃないですか。

シチリアとヴェネトの白ワイン

2018年4月11日 11:19 PM


新しいヴァン・ナチュール入ってます。
シチリア州とヴェネト州の白ワイン。

ゆっくり時間を掛けて飲むと素晴らし
く味わいが変わってきます。

コレはオススメです!

DSC_3034

ランチでワイン

2018年3月23日 11:51 PM


テーブルのセッティングです。
今日は本当に快晴で庭の景色が映
えています。

DSC_3020

サイドテーブルにはデキャンタも
ご用意しました。

DSC_3021

スプマンテから始まり、トスカーナの
ワインを2本ほど。

色々、勉強になった1日でした。

DSC_3037

明日の伊勢海老と今夜のワインと

2018年3月22日 11:22 PM


明日のランチコースに使う伊勢海老は
海水に漬け込んだ新聞にくるんで冷蔵
庫でお休み中です。

アンティパストかパスタか魚介料理で
使うかまだ悩んでいます・・。

DSC_3016

さて今夜はモレッティとモンテプルチ
アーノダブルッツォ。
たらふく食べて、たらふく飲んで頂い
たちょっと寒い夜でした。

DSC_3018

今夜のおつまみ

2018年3月11日 11:31 PM


花付きのズッキーニです。
花びらを入れて直径が5~6㎝程の
可愛いやつです。

DSC_2989

花びらが壊れやすいので、そっと優し
くこじ開けて、チーズなりソースなり
を入れてフリットにしました。

DSC_3003

本日も楽しい夜をありがとうございました。

追伸、ランチタイムのスタッフを引き続き
募集しておりますので、ご興味のある方は
是非ご一報をお待ちしております。

DSC_3005

しみじみ深いワイン

2018年2月21日 11:30 PM


出ない時は、気が遠くなる程オーダーが
来ないのですが、続けて出る時は出ます。

トスカーナーのティニャネロ。
しみじみと旨みが広がるサンジョヴェーゼ
主体の知る人ぞ知るワイン。

DSC_2990

また別にイタリア在住の台湾からのご家族も
ご来店(そー言えばキャンティ・クラシコの
オーダーを頂いたので、今日はトスカーナワ
インばかり出ました)。

みんな英語だったんですが、3歳ぐらいの女
の子は最初は緊張の面持ちだったのが、最後
はカウンターの中まで入って来て、愛嬌があ
って可愛かったなぁ~。

ちなみに僕は英語どころか、最近は思ってい
る言葉がパッと出てこないので日本語も怪し
くなって来ています・・・。

ワインマップ

2018年2月1日 11:46 PM


お店の一角にイタリアのワインマップ
があります。

適当なフレームがなかったので、とり
あえずそのまんま貼り付けています。

お飲みになっているワインがどこの
州のワインなのかはコレで見て下さいね。

DSC_2999

ただ日本語ではなくて全面的にイタリア語
です。恐ろしいほど細かいマップなので、
字が小さい・・・老眼に入りつつある僕の
目ではなかなか見えにくい・・・です。

DSC_3000

7年目ぶりのトリンケロ

2018年1月12日 4:21 AM


ピエモンテ州の赤ワイン。

高貴な品種=ネッビオーロに対して、庶
民的なイメージのバルベーラ100%。
豊富な果実味と酸味が特徴の品種で広く
愛されていますが、トリンケロのバルベ
ーラ・ダスティはミネラルに満ち、この
品種独特の力強い葡萄の旨みと美しい酸
味のある、本当に見事なワインです。

なのに約7年ぶりぐらいの入荷です。
7年前に飲んだ時の自分と今の自分。
味わいの感じ方が違うのかなぁ~。

7年前にこれを飲んだお客様・・・
今でも覚えています。
今でもお越し頂いています。
ありがたいことです。

Rosso Racines 2012 Trinchero
ロッソ・ラシーヌ2012 トリンケロ

DSC_2972

とっておきのバルベーラ

2018年1月7日 10:38 PM


ピエモンテ州の赤ワインです。
バルベーラ種です。

樹上にてギリギリ限界まで熟成した部
分のみを選別して収穫しています。柔ら
かいタンニンと酸味が特徴のバルベーラ
ですが、余韻のドライな印象といい、今
まで飲んだバルベーラとは全く違うと思
います。

SACCOLETTO DANIELE“minerva” 

DSC_2984

 少し酸を効かせたバルサミコソースの
ステーキと一緒にどうぞ!

DSC_2983

キャンティクラシコです

2018年1月4日 11:54 PM


いい感じで味わいがどんどん変わります。
でも最後まで何もひっかかることなく気持
ちの良い余韻で、ほんの少し滓が入ってい
る1本でした。

手作業で収穫し、自然酵母で醗酵させたナチ
ュールワイン。

Chianti Classico
Montesecondo DOCG 2014
キャンティクラシコ モンテセコンド

サンジョヴェーゼ80 % 、カナイオーロ
20 %、コロリーノ5%

DSC_2989

王冠をかぶったカエルが印象的な
トスカーナ州のミディアムワイン。

DSC_2995

本日のグラスワイン(白)

2017年12月30日 11:09 PM


ヴェネト州のビオワイン。

元ソムリエのダニエーレ・ピッチニン
氏が、手がけたワインで、国際品種の
シャルドネと1000年以上前からこ
の地域で栽培されていたことが確認さ
れている白ブドウ品種、ドゥレッラを
バイオダイナミクス農法で混醸したも
のです。

ポテンシャルが高く、抜栓するとピー
チの様なフルーティーな香りがしつつ
ドゥレッラの酸味も効いています。

色もオレンジっぽい黄金色。
白ワインにもかかわらず10年は寝か
せられる脅威の白ワイン。

Bianco Muni / Daniele Piccinin
ビアンコ・ムーニ
ダニエーレ・ピッチニン

DSC_2985

本日のグラスワイン(赤)

2017年12月29日 11:02 PM


数あるグラス売りの1つです。

カンティーナ ジャルディーノの
アリア二コ種。カンパーニャIGT自然派、
無添加ワインです。

樹齢70年のアリアニコ種をステンレスタ
ンクで40日間のマセレーションした後、大
樽で半年、ステンレスタンクで半年熟成され
たものです。二酸化硫黄無添加でワインは、
無清澄、ノンフィルターでボトリング。

素朴さと柔らかさのバランスの良いワインで
すが、いやいやしっかりと力強いワインです!

Le Fole Cantina Giardino
DSC_2988

早く開けたい1本です

2017年12月16日 11:08 PM


言わずと知れたサッシカイア。
入荷しています。

濃いルビー色に熟したブラックベリーや
プラムやチェリーなどの活き活きとした
赤・黒系果実のアロマが感じられます。

イタリアワインの頂点に君臨し続けている
高級フルボディの赤ワインです。

早く抜栓したいなぁ~。

SASSICAIA  Tenuta San Guido
(Incisa della Rocchetta) DOC Bolgheri

DSC_2969


  • カレンダー

    2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • 月間アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近の記事

  • 最近のコメント

  • * RSS FEED