News イタリアンレストラン T-parh(ティーパス)

カルパッチョを2品ほど

2019年7月5日 11:43 PM


1皿目は太刀魚です。
軽くマリネして、佐土原ナスのデ
ィップが隠し味。粒マスタードと
ビーツのピュレを添えました。

2皿目は真蛸。レモンを効かせた
オリーブオイルと大葉のソースで。

以上、夏っぽいアンティパスト
でした。

パースニップというもの

2019年7月5日 4:59 PM


一見、薄い黄色人参もしくは濃い
白人参のようですが、“パースニッ
プ”というものです。

と言っても、人参と同じセリ科。
でも人参より香りが良く、セリの
特徴がより出ていると思います。
ただし味わいは淡泊で食感は里芋に
似た感じがします。

面白い野菜こと“パースニップ”でした。

カテゴリー:2.食材

コメント(0)

ニョッキの仕込み

2019年7月3日 11:54 PM


じゃが芋のニョッキです。
フワフワで且つモチモチの食感。


湯がき始めて、火が入ってくると
浮かんできます。

今回はグリーンピースのピュレ
と合わせました。
ランチなりディナーに使っています。

可愛い付け合わせ

2019年6月23日 11:11 PM


サフランのリゾットです。
夜のコースの1品です。
チーズを掛けてバーナーで炙り、
香ばしく。

実はスプーン1杯の少量で、魚介
料理の付け合わせの1部。

真鯛のソテーの枕になっています。
同じく、その真鯛のカマと穴子の
フリットを添えて。


オーダー頂いたラツィオ州の白ワイン
に合わせて、作った1皿。そんな風に
してコースの構成を考えています。

電話セールス

2019年6月21日 11:33 PM


特にこの1ヶ月ですが、朝の仕込
みの時間、ランチ中、そして夕方
の仕込み中に“セールス”の電話が
多い・・・。

ちょっと前なら光通信関係。

最近はお得な電気料のご案内が多
い。昨日は「定率減税に伴う、な
んちゃらぁ~」と新しいタイプの
電話セールス。


その昔、営業の仕事をしていた自
分から言えば「足で稼いでなんぼ」
である・・・時代は変わったのもで
す。

セールス電話は別に構いませんです。

ただ各社“お得なプラン”をそんな
に電話でセールスするのであれば、
こっちも“お得なプラン”を案内し
てもいいのか?と思ってしまった
のでした。

なので今日、早速かかってきた電気
関係の電話の方の話に「かかってき
たお電話で申し訳ないのですが、当
店も“お得なパーティープラン”があ
るのですが」と言ったら丁寧に断ら
れた・・・。

当たり前である・・・。

そこで思った事。

その電話セールス会社さんに、毎
日のように例えば飲食店やビルメ
ンテナンス、オフィスに置くコー
ヒーメーカー、ミネラルウォータ
ー関係、とにかくありとあらゆる
業からセールスの電話が来たら大
変だろ~なぁ~。

とにかく明日も4~5件は電話が
あるだろ~なぁ~。

1日4件の電話が1ヶ月続いたら、
月約120件。
そんなにたくさんの電話を取るの
はなかなか大変です・・・。

2次会の夜

2019年6月21日 12:51 AM


2次会としてのご利用のあった今夜。
簡単な前菜とワインな夜でした。

PS~今日のランチは前半戦が超
バタバタでした。その際に数件の
お電話を頂きましたが、電話を取
る余裕がなくご迷惑をおかけしま
した・・・。

カンニングしてます

2019年6月15日 11:12 PM


T-PATHのワインは日々まさ
に飲み頃のナチュールワインをご
用意しています。

ワインリストにないものも多々あ
ります。

が、

事前にテイスティングはしている
ものの、なかなかその特徴を覚え
られません。

なので、ワインセラーのお客様か
らの死角にカンニングペーパーを
仕込んでいます・・・。

問題はやや老眼気味で見えにくい
んだよなぁ~・・・。

みなさまのおかげです

2019年6月12日 11:24 PM


特に今年に入ってから、かつて
お店を手伝って頂いた元スタッ
フのOG、OBさんがランチな
りディナーなりによく顔を出し
てくれます。

特に今年は多い気がする。
数か月ぶりだったり、数年ぶり
だったり。
実に嬉しい限りです。

当時学生さんだった女の子は、
すっかり立派なレディーになり、
男の子は実に頼りがいのある男
性になってました。

調理師専門学校時代に手伝って
くれた彼は、今や職人さんとし
てフランスはもとより全国の有
名レストランを飛び回り、この
間の帰省の際には家族で来てく
れました。

もはや夜の常連さんになってくれ
た元スタッフとその家族も。

直近だと円満退店したスタッフは
もう2日後にはお母さんと食事し
に来てくれたし。

今日は今日でランチにご家族で来
てくれた元スタッフさんもありが
たい事です。5歳の娘さんは超照れ
屋さんでした。お腹にいる時には
あんなに話しかけたのに・・・
寂しい・・・(笑)。

ここまでやってこれたのも、みなさ
まのおかげです。

ちょっと前も当時、高校生だっ
た元スタッフさんが来てくれま
した。あとから又聞きした所、
今は東京で学校の先生をしてい
るとの事。

ただほとんど話せなかった。

なぜなら声を掛けられたその時、
結局はパッキンの劣化が原因でし
たが、店の水道管から水が噴き出
して、ドン引きする程の大洪水状
態。

他のお客さんもいたし、漏電ブレ
ーカーも作動して、店の電気も落
ちちゃった。声を掛けられたのが
そんな瞬間でした・・・。

ま~大パニックの最中・・・。

ごめんなさいね。
ろくに話も出来ずに・・・。

パニックになってたもんだから
「あ~、う~、ほ~」しか言えな
かった。びしょ濡れできっとその
時の僕の目は焦点もあってなかっ
たはず。

また帰省した際は是非、顔を見せて
下さいね。つっけんどんだった自分
が気になってます・・・。

ごめんなさいね。

あなたも、驚くほど立派なレディー
になってましたよ。

最近、聞きたくなる曲

2019年6月10日 11:23 PM


今を去ること30数年前の学生時
代にメッチャ“チャゲ&飛鳥”にハ
マってました。

と言っても“SAY YES”や“YA
H YAH YAH”系の曲が出る前
の時代でして、“万里の河”や“流愛情
歌”、“男と女”、“ひとり咲き”などま
だ漢字のタイトルが多かった時代の
チャゲアスの曲です。

二十歳前の青年の自分がこんな渋
い曲を好んでいたなんて、なかな
かオッサンだった青春時代・・・。

今、齢50歳を前にして本物のオッ
サンになった現在、再度これらの曲
を聞き直し、あの時代とはまた違っ
た感覚でシミジミしています。

今、このブログを書きながら聞いてる
曲は“恋人はワイン色”。

明日の火曜日は定休日です。
いつもの様に“熱い思い”で仕込み
をします。

カニ・カニ・カニ

2019年6月4日 2:12 AM


マルケイ水産から、渡り蟹を入荷。
煮込みなり、パスタなり、スープ
なり、リゾットなり・・・たくさ
んの“なり”に使えます!

1杯だけ桜ガニも・・・。
可愛い。

カテゴリー:2.食材

コメント(0)

パスタの時間

2019年5月30日 4:34 AM


夜はコース料理(2~3日前からの
要予約)もありますが、大半はアラ
カルトが主流です。

ワインが主流なのでパスタもどちら
かと言うと“おつまみ”的な要素が高
いもの。

まず1皿目は先日もアップしました
が、合鴨をミンチにしたラグーソー
ス。1口目は濃厚さとスパイシーさ
が際立ってますが、あとから鴨の独
特の風味と柔らかさを感じる甘さが
あります。

次は春キャベツ他、春~初夏の野菜を
ペーストにしパスタと絡めたもの。
香味パン粉と炙ったモッツァレラチー
ズをのせて。

合鴨をスモークして

2019年5月29日 4:37 PM


ちゃんとしたスモーク器がない
ので、フライパンとアルミホイ
ル、ザル、ボウルで間に合わせ
ています。

う~ん、いい香り。
この香りでメシも食えるし、酒も
飲めるが如くなのです。

コースの中の1品として洒落た感
じに盛り付けたり、


まさにツマミとして豪快に盛り付
けたり。

食後にキリッと!リモンチェッロ🍋

2019年5月25日 1:53 AM


先日の夜でしたか、食後はアマルフ
ィ産のリモンチェッロ。32度のア
ルコールがスッキリ?と胃を洗浄し
てくれます。

度数が高いので冷凍庫でも凍りませ
ん。キンキンに冷えたこのリキュー
ルをお楽しみ下さいね。

リゾットの米

2019年5月23日 10:03 PM


頂きもののですが、イタリア産
の米です。

日本の米よりちょっと白身が掛かっ
てますね。アルデンテに仕上げ、プ
チプチ感を楽しめます。

リゾットだけではなくスープの具材
としても使えます。

美味しい・・・。

カテゴリー:2.食材

コメント(0)

野菜

2019年5月21日 11:54 PM


紫玉ネギの新タマです。
メッチャ甘い。
マリネしたり、付け合わせとし
てグリルしたり。

これぐらいのサイズがちょうどい
いです。余り大きいと包丁を入れ
ると割れちゃうんですよ。


次はレッド・ソレル。
フランスで好んで使われている
ハーブです。赤色オゼイユとも
言われます。


シュウ酸を含んでいるので酸味が
あります。サラダやソース、スー
プなど幅広く使えます。

カテゴリー:2.食材

コメント(0)

イサキの鍋料理

2019年5月15日 1:29 AM


5~7月の初夏にかけてが旬の
イサキ。脂がしっかりのって、
弾力も十分。弾力は特に鱗を取
っている時に感じます。

塩焼きやソテーでも、もちろん
美味しいのですが・・・、

今回はアクアパッツアで。
ドロリと乳化したスープが絶品。

門川港獲れの鯛

2019年5月13日 12:54 AM


鯛はなんせヒレのトゲトゲがヤ
バいです。
鋭いってなんの。
特に鱗を取ってる時が要注意。

勢いよくガシガシと鱗を取ってる
と、その勢いのままヒレの棘に手
を突っ込んでしまいます。


写真はリゾット。切り身の部分はほ
ぐして米と和え、カマはハーブでマ
リネした後、炙ってトッピング。

骨に注意しながら、しゃぶりつくの
が美味しい食べ方です。

カテゴリー:2.食材

コメント(0)

カルパッチョ系は

2019年5月13日 12:43 AM


カルパッチョ系の盛り付けは、
細かいものになると中々大変
です。鮮度が大事なので手早く
仕上げねばなりません。


出来上がった時の満足度はなかな
かのものです。


白ワインでゆっくりとお楽しみ
下さいね。

鮎のパスタ

2019年5月8日 11:51 PM


地獲れの鮎です。
ぬめりがあります。ぬめりには臭
みもあって綺麗に洗い流します。
過度に洗いすぎると旨味も流れ落
ちてしますのでそこそこに。

三枚おろしにして小骨を抜きます。
この骨抜きが大変で、あまりにも
小骨が多い・・・異常なほど。

身も柔らかいので形が崩れない様
に1本1本丁寧に抜いていきます。

身の半分はほぐしてパスタと和え
て残りの半分はフィレのままソテ
ー。春キャベツとそら豆を使って
仕上げました。

ワインマップ

2019年5月8日 11:42 PM


だいぶ前にワインマップの事をアッ
プしたとは思いますが、これもちょ
っと前ですが、ようやく額縁が付き
ました。

これまではむき出しで画鋲で止め
ただけ・・・。だいぶ出世したマッ
プさんです。

一見、飾りのマップの様ではありま
すがお客様に生産地をご説明する際
に以外と使っています。

「あ~この辺のワインなんだねぇ~」
とイメージが沸くだけで更に美味しく
ワインを楽しんで頂いている様な気が
します。

ご説明しているこちら側も「あ~ここ
なんだぁ~」とあらためて思う事も多
々あるので勉強になります。


とある夜のお客様がこのマップを
見られて、
「ワイン好きのお友達の家にもこ
れがあった!」との事。

なんか仲間が増えた様な気がして
嬉しかった夜でした。

問題は僕は老眼が始まってきてい
るので、マップの文字が読めない
って事です・・・。


  • カレンダー

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 月間アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近の記事

  • 最近のコメント

  • * RSS FEED