News イタリアンレストラン T-parh(ティーパス)

4.ディナー

パスタの時間

2019年5月30日 4:34 AM


夜はコース料理(2~3日前からの
要予約)もありますが、大半はアラ
カルトが主流です。

ワインが主流なのでパスタもどちら
かと言うと“おつまみ”的な要素が高
いもの。

まず1皿目は先日もアップしました
が、合鴨をミンチにしたラグーソー
ス。1口目は濃厚さとスパイシーさ
が際立ってますが、あとから鴨の独
特の風味と柔らかさを感じる甘さが
あります。

次は春キャベツ他、春~初夏の野菜を
ペーストにしパスタと絡めたもの。
香味パン粉と炙ったモッツァレラチー
ズをのせて。

合鴨をスモークして

2019年5月29日 4:37 PM


ちゃんとしたスモーク器がない
ので、フライパンとアルミホイ
ル、ザル、ボウルで間に合わせ
ています。

う~ん、いい香り。
この香りでメシも食えるし、酒も
飲めるが如くなのです。

コースの中の1品として洒落た感
じに盛り付けたり、


まさにツマミとして豪快に盛り付
けたり。

食後にキリッと!リモンチェッロ🍋

2019年5月25日 1:53 AM


先日の夜でしたか、食後はアマルフ
ィ産のリモンチェッロ。32度のア
ルコールがスッキリ?と胃を洗浄し
てくれます。

度数が高いので冷凍庫でも凍りませ
ん。キンキンに冷えたこのリキュー
ルをお楽しみ下さいね。

イサキの鍋料理

2019年5月15日 1:29 AM


5~7月の初夏にかけてが旬の
イサキ。脂がしっかりのって、
弾力も十分。弾力は特に鱗を取
っている時に感じます。

塩焼きやソテーでも、もちろん
美味しいのですが・・・、

今回はアクアパッツアで。
ドロリと乳化したスープが絶品。

カルパッチョ系は

2019年5月13日 12:43 AM


カルパッチョ系の盛り付けは、
細かいものになると中々大変
です。鮮度が大事なので手早く
仕上げねばなりません。


出来上がった時の満足度はなかな
かのものです。


白ワインでゆっくりとお楽しみ
下さいね。

鮎のパスタ

2019年5月8日 11:51 PM


地獲れの鮎です。
ぬめりがあります。ぬめりには臭
みもあって綺麗に洗い流します。
過度に洗いすぎると旨味も流れ落
ちてしますのでそこそこに。

三枚おろしにして小骨を抜きます。
この骨抜きが大変で、あまりにも
小骨が多い・・・異常なほど。

身も柔らかいので形が崩れない様
に1本1本丁寧に抜いていきます。

身の半分はほぐしてパスタと和え
て残りの半分はフィレのままソテ
ー。春キャベツとそら豆を使って
仕上げました。

生パスタをほぐす時

2019年4月16日 11:58 PM


ある程度の打ち粉を払い落とし
ます。そうでないとくっ付いて
しまうので。

こうやってほぐしている時に、
いつも藤子不二雄の“ラーメン
大好き小池さん”を思い出します。

ラーメンと言いつつ、どんなソー
スに合わせようかなぁ~と思いに
ふける今日の夕方。

色々な料理と色々なワインの夜

2019年3月27日 11:52 PM


突き出しのあとの1皿は、ヒラメ
のカルパチョ。

海老と鱧のフリット。

ニョッキはキノコのクリームで。


白身魚のラグーとケールとルッ
コラのパスタ。


黒毛和牛のランプのかぶり事「イチボ」
はステーキで。

宮崎牛のサーロインは200gの
ボリューム。

ワインをどんどん開けた夜。

飲み比べ

2019年3月24日 12:26 AM


いろんなタイプのワインを試して
頂いた夜。

生産国はもとより生産者、ブドウ
品種などなど一通りはワインのご
説明をしたのですが・・・、


どうやら、その時間を楽しく過ご
そうとする事がワインの味が変え
る様です。

楽しい会話も味の内だった夜。
本当にありがとうございました!

朝ごはんプレート?

2019年3月24日 12:15 AM


ガーリックトーストと、自家製ベー
コンに目玉焼き・・・。

すっかり朝ごはんの組み合わせの様
ですが、アンティパストです。

フェンネルを混ぜたクリームチ
ーズを添えました。
ベーコンがあるとビールでも、
白ワインでも赤ワインでも丁度
よく合う気がします。

飲み散らかしで構いませんよ

2019年3月7日 11:14 PM


まるでテーブルセッティングを済ま
せたような食事を終えたテーブル。

ここまで綺麗にして頂いて恐縮です。

 

そろそろ春ですね

2019年3月2日 11:21 PM


「そろそろ春」って表現はなか
なかいいもんですが、実際は寒
いんだか暑いんだかわからない
もんです。

暑いってこともないんですが、
ヒートテックを着てガス台の
前に立つとさすがに暑いんで
す。

そんな夜の1皿です。
春雷と芽キャベツのリゾット。
田野町の甲斐さんの“食べられる
花”がアクセント。

 

寒く寂しい雨の夜

2019年2月22日 10:50 PM


今夜は庭の木々は寂しく雨に濡れ
てましたが、店内のテーブルと、


カウンターは、いい雰囲気な夜
でした。ありがとうございました。


そう言えば、多分3月上旬にな
ると思いますが、ランチメニュ
ーがちょこちょこと変わる予定
です。
ただいま、食材や機材、食器など
の入荷待ち状態です。

こうご期待!

しっかりとしたブドウ豚

2019年2月22日 10:40 PM


綾町のブドウ豚のバラ肉です。
しっかり塩漬けして、しっか
りと焼き付けて、しっかりバル
サミコ酢と赤ワインで煮込んで
・・・までが下処理。

お出しする時は、再加熱して
最終的には炙り焼きに。

激ウマの1皿は夜のアラカルト
メニューより。

むしろ白ワインの味わいが引き
立ちます。

たまには仏産チーズも

2019年2月16日 12:33 AM


とある夜のとある前菜です。
タルティーボと生ハムと合わせ
た1皿です。

チーズはビオのブリーチーズ。
マスカルポーネとグランマルニエ
に付け込んで熟成したチーズ。

蜂蜜のソースもほんの少し添え、
お好みのワインでコース料理のス
タートです!

ドルチェプレート

2019年2月16日 12:24 AM


定番ではありますが、絶対に欠か
せないガトーショコラ。

オーブンに入れてしばらくする
と、甘く濃厚なチョコレートの
香りが厨房に充満します。

この香りだけでコーヒーが飲め
ますね。

これはオレンジピールの入った、
サンドケーキ。レモンのアイシン
グを回しかけています。

チーズケーキも添えて、ドルチェの
盛り合わせの完成です。

地道に地味に

2019年2月9日 12:48 AM


生パスタ類は、けっこう地道に地味
に黙々と作ります。

びよ~んと伸ばし、

シャキ~ンと切ったり、

ポンポンと乗せたり、

ペタッと重ね、ジョリジョリ
と切ったりしています。

食べるのは一瞬です。

静かで落ち着いた夜

2019年2月7日 11:43 PM


春雨にはまだ早いでしょうが、
少し暖かい雨の降る夜。

霧のような細い雨。

なかなか落ちついた大人の感じ
の夜でした。

ラビオリ

2019年2月1日 11:48 PM


夕方のほんの一瞬、森の木々の間に
夕陽がさっと差し込みます。

そんな景色を眺めつつラビオリ作り。

ツルンと、とろける優しいラビオリ
の触感。

鶏とハーブ、クリームチーズを入
れたラビオリはレモンを効かせた
ハーブソースで和え、ソースはピ
エモンテ産のポルチーニのクリー
ムソースで。


なかなか楽しかった夕方から夜に
かけて・・・な1日でした。

1月の終わりグラタンと

2019年1月31日 11:19 PM


ついこの間がクリスマスで、いつの
間にか正月が過ぎ去り、もう1月も
おしまい・・・。
年齢を重ねると1カ月が1週間ぐら
いに短く感じます。

先日の夜も楽しくワインと共に濃い
深いひと時を過ごせました。

そんな夜の新メニュー。
オツマミなのでカップサイズの
小さい1皿は、グラティナーレ
ことグラタンです。


下仁田葱のベシャメルとパンを
合わせた熱々のグラタン。

塩分のパンチが効いたプロボロ
ーネチーズで更に濃厚に仕上げ
ました。


  • カレンダー

    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 月間アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近の記事

  • 最近のコメント

  • * RSS FEED