News イタリアンレストラン T-parh(ティーパス)

とっておきのバルベーラ

2018年1月7日 10:38 PM


ピエモンテ州の赤ワインです。
バルベーラ種です。

樹上にてギリギリ限界まで熟成した部
分のみを選別して収穫しています。柔ら
かいタンニンと酸味が特徴のバルベーラ
ですが、余韻のドライな印象といい、今
まで飲んだバルベーラとは全く違うと思
います。

SACCOLETTO DANIELE“minerva” 

DSC_2984

 少し酸を効かせたバルサミコソースの
ステーキと一緒にどうぞ!

DSC_2983

牡蠣のグラティナーレ

2018年1月6日 12:36 AM


牡蠣のグラタンです。
これにはやっぱり白ワイン。
牡蠣も白ワインでポシェして、ベシャ
メルソースとミモレットも少々。

湯引きした貝柱に京人参のピュレを添え
ました。
寒い夜は熱々のハフハフでした。

DSC_2971

キャンティクラシコです

2018年1月4日 11:54 PM


いい感じで味わいがどんどん変わります。
でも最後まで何もひっかかることなく気持
ちの良い余韻で、ほんの少し滓が入ってい
る1本でした。

手作業で収穫し、自然酵母で醗酵させたナチ
ュールワイン。

Chianti Classico
Montesecondo DOCG 2014
キャンティクラシコ モンテセコンド

サンジョヴェーゼ80 % 、カナイオーロ
20 %、コロリーノ5%

DSC_2989

王冠をかぶったカエルが印象的な
トスカーナ州のミディアムワイン。

DSC_2995

トレヴィーゾ・タルティーボ

2018年1月4日 11:34 PM


鹿児島は曽於市のマニー農園さんの
タルティーボです。

お正月明け早々にわざわざマニーさん
が、持って来てくれました・・恐縮です。

去年は秋の台風で全滅。
2年越しです。
軟白する時には天然の自然水でゆっくり
最後の仕上げ。

DSC_2992

大きさも30㎝程でしょうか。ずっしり
と重みも感じます。
ほろ苦甘く、サラダはもちろん、火入れし
てもOK。

DSC_2991

今回はタコのリゾットに和えて、根っこ
はフリットにしました。シャキシャキした
食感も最高です!

DSC_2994

カテゴリー:2.食材

コメント(0)

また来年も

2017年12月31日 11:43 PM


今年も本当にたくさんのお客様
にご来店頂きありがとうございました。

来年は3日のディナーからの営業になり
ました。

今年最後の営業日の今日は今夜にも夜
勤があるにも拘わらずご来店頂いたり、
帰省した折に久々にお顔を見せて頂いた
方もいらっしゃいました。
ありがたい事です。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

DSC_2979

本日のグラスワイン(白)

2017年12月30日 11:09 PM


ヴェネト州のビオワイン。

元ソムリエのダニエーレ・ピッチニン
氏が、手がけたワインで、国際品種の
シャルドネと1000年以上前からこ
の地域で栽培されていたことが確認さ
れている白ブドウ品種、ドゥレッラを
バイオダイナミクス農法で混醸したも
のです。

ポテンシャルが高く、抜栓するとピー
チの様なフルーティーな香りがしつつ
ドゥレッラの酸味も効いています。

色もオレンジっぽい黄金色。
白ワインにもかかわらず10年は寝か
せられる脅威の白ワイン。

Bianco Muni / Daniele Piccinin
ビアンコ・ムーニ
ダニエーレ・ピッチニン

DSC_2985

炙って炙って

2017年12月29日 11:28 PM


ハーブでマリネしておいたスカンピの
腹を炙って、

DSC_2974

頭も炙って、

DSC_2975

爪も炙って、尾っぽは余熱で軽く火が入ります。

DSC_2976

DSC_2970 (2)

こんな2皿を作りました。

DSC_2978

うまい事ばらけたクリスマス

2017年12月29日 11:17 PM


流石に最近はバタバタしててブログの更新
を疎かしてました・・・。

クリスマス期間中はたくさんのご予約を頂き、
本当にありがとうございました。

これまでは18時なり18時半なりのスタート
で実施してましたが今年は17時からの予約受
付した為、お客様のご来店がうまい事ばらけて
ゆっくり楽しく調理できました。

なんせ1人で作ってるもんですから、同時に3
~4テーブルを同時にこなすのはキツかったこ
れまででした。

17時スタートと言う事もありランチはちょっと
早めに閉めちゃいましたが。

ワイン達も頑張りました!

DSC_2986

本日のグラスワイン(赤)

2017年12月29日 11:02 PM


数あるグラス売りの1つです。

カンティーナ ジャルディーノの
アリア二コ種。カンパーニャIGT自然派、
無添加ワインです。

樹齢70年のアリアニコ種をステンレスタ
ンクで40日間のマセレーションした後、大
樽で半年、ステンレスタンクで半年熟成され
たものです。二酸化硫黄無添加でワインは、
無清澄、ノンフィルターでボトリング。

素朴さと柔らかさのバランスの良いワインで
すが、いやいやしっかりと力強いワインです!

Le Fole Cantina Giardino
DSC_2988

早く開けたい1本です

2017年12月16日 11:08 PM


言わずと知れたサッシカイア。
入荷しています。

濃いルビー色に熟したブラックベリーや
プラムやチェリーなどの活き活きとした
赤・黒系果実のアロマが感じられます。

イタリアワインの頂点に君臨し続けている
高級フルボディの赤ワインです。

早く抜栓したいなぁ~。

SASSICAIA  Tenuta San Guido
(Incisa della Rocchetta) DOC Bolgheri

DSC_2969

お口取りは真蛸

2017年12月15日 11:57 PM


寒い日が続きますね。
25日は若干空きがございますが、おかげ様
でクリスマス期間はほぼ満席になりました。

先日の夜のお口取りの1皿。
真蛸のカルパッチョです。粒マスタードのソー
スに甘酸っぱい白ワインのジュレを添えました。

DSC_2968

 

「トスカーナテイスト」です

2017年12月10日 11:32 PM


トスカーナの赤ワイン。
抜栓して30分もするとアロマと樽の香り。
口に含むと素晴らしい酸味とタンニン。

でも、かなり前に飲んだ1本なんで、細か
な味わいは忘れちゃったなぁ~・・・。

LE DIFESE TENUTA SAN GUIDO I.G.T. 2014 

DSC_2885

年末年始の営業のご案内

2017年12月5日 11:53 PM


いつもたくさんのお客様のご来店
ありがとうございます。

年末年始は1/1~3日にお

休みを頂いており4日からの営業
となります。

どうぞ宜しくお願い致します。

_DSC2881

ランチの前菜

2017年12月5日 11:29 PM


本日の魚ランチ、ステーキランチの前菜
はフリッタータ&真蛸のカルパッチョ&
レンズ豆・大麦・小麦の軽い煮込み。

夜は勿論の事、寒いランチにもたくさん
のお客様のご来店ありがとうございました。

DSC_2970

カテゴリー:3.ランチ

コメント(0)

余分な脂を

2017年12月2日 11:09 PM


宮崎産の黒毛和牛のリブロースです。
リブロースの部位の中でもちょっと
脂が多すぎる箇所があります。

その際は網焼きにして余分な脂を落と
し香ばしく焼き上げます。

ちょっとしたスモーク仕立てにもなり
ます。

DSC_2969

夕方からの甘党・・・

2017年12月1日 10:42 PM


お客様にお出しした・・・では、
ありません・・・。

自分のおやつです(汗)。
ガトーショコラ。

写真ではわかりにくいですが、クルミ
とドライ無花果が入っています。

濃厚なバニラアイスとカシスのソース
を回しかけました。

もう本当に甘党でして、ある時は味見と
称して、ショコラ&レモンパイ&パウン
ドケーキ&パンナコッタ&ソルベを盛り
合わせにして試食した事も・・・。

夕方の誰もいない厨房の端っこで・・・。

DSC_2968

カリフォルニアより

2017年12月1日 10:34 PM


もうホントにホントにホントに、中々
飲めないワインですね。

抜栓するのも緊張しました・・・。
しかも、ちょっと残してくれて勉強さ
せて頂きました。

泣くほど有り難い事です。

DSC_2953

今日の仕込み

2017年11月30日 12:23 AM


グリッシーニは黒胡椒とオレガノ風味の
2種類で。

何かしらのディップを付けても良し、生ハ
ムを巻いて良し、ぶっちゃげて言えばせっ
かく伸ばして焼き上げたのに、プロセッサ
ーで粉にして、コクを出す為の隠し味にも。

DSC_2955

これはセミドライにしたキンカン。
最初はやや酸味が効いた感じで、思いっ切り
柑橘系ですが、後からジワリジワリと甘みが
出てきます。

ワインのおつまみでもいいし、肉や魚料理の付
け合わせ、ドルチェにも使えます。

DSC_2956

冬の焼き菓子

2017年11月26日 1:21 AM


ガトーショコラです。
カレーと同じで2日目ぐらいから味が
馴染んで美味しい。

水飴と蜂蜜を使ったカシスのソースを
添えてご提供する予定です。

DSC_2952

お口取りの1皿

2017年11月25日 12:51 AM


寒いです。

ご来店されてもしばらくは体が冷えて
いると思います。

ファーストドリンクは基本的にスプマン
テやビールの泡ものや、他は冷えた白ワ
インが多い中、コースの1皿目のお口取
りがいつものハムやチーズだと寒さ倍増
と思い温かいお口取りをご用意した、と
あるテーブル。

が、凝り過ぎた・・・お出しするまで
ちょっと時間が掛かり過ぎました。

じゃが芋のニョッキをベースに、豆乳
と京都芋のピュレのソース。
ドライオレガノとフェンネルにオリーブ
パウダーを添えて。

この1皿から始まった楽しい夜でした。

DSC_2944


  • カレンダー

    2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  
  • 月間アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近の記事

  • 最近のコメント

  • * RSS FEED