News イタリアンレストラン T-parh(ティーパス)

4.ディナー

本日は貸し切りでした

2017年2月20日 12:41 AM


今夜は貸し切りパーティーでした。
ランチを早めに閉めさせて頂いて
夜の準備開始。

_DSC2742

木漏れ日を浴びながら夜の
のお客様を待つ夕方の店内。

夜のお店はしっとりと・・?

2017年2月11日 11:43 PM


昼と夜のお店の雰囲気は全く違います。
しっとりと粛々と、お酒を傾けながら
ゆっくり時間を過ごして頂く場所です。

_DSC2679

大人の雰囲気で。

_DSC2685

飲んでなんぼ、飲ませてなんぼ。

_DSC1722
が、問題は私自分自身で、慣れてく
るとまーちょくちょく話しかけちゃ
ったりします。
1D7_0383
堅苦しいのが苦手で・・・。

店の雰囲気とはだいぶ違う店主でスイ
マセン。店に雰囲気負けしてる自分。

_DSC2696

でもちょっと、たがが外れるぐらいが丁
度いいと思っている自分もいます。

なので、今夜もラストのお客様と軽く
1杯楽しみました。
飲んだ言い訳・・・。

カルパッチョを2種類ほど

2017年2月4日 11:22 PM


夜のアラカルト・メニューです。
北海道産のホタテの貝柱。
素晴らしく甘いホタテ。
それに少し甘めのシャルドネの
ジュレを添えています。

_DSC2702

真蛸には粗みじんにした黒オリーブと、
粒マスタードベースのソースをかけて。

_DSC2691

やっぱり白ワインでしょう!な夜でした。

_DSC2670

ラビオリ作り

2017年2月2日 11:54 PM


軽くスモークしたカマンベールと
ローストしたアーモンドに内もも
肉を使ったプロシュートを生地に
乗せて、

_DSC2713

巻いて、切る。

_DSC2715

ソースはペーストにしたアーモンドを
混ぜたトマトクリーム。

_DSC2723

野菜は清山さんのプチヴェールと、

_DSC2707

カボーロ・ネロを使いました。

_DSC2708

溶け出すチーズとプロシュートの脂身。
アーモンドの香ばしさ、更に野菜の風味が
最高にまとまった1皿。

効率の悪い自家製パン

2017年1月23日 11:29 PM


本当に気が向いた時にパンのスタ
イルを変えます。
今回は実に8~9年ぶり?に復活
したスタイル。
通称“マルパン”。

雪見大福の様な最終発行。
この段階でもう食べたい。

_DSC2686

ちょっとだけ、ためらい傷・・・。

_DSC2688

焼き上がりです。

いかにもパンが自ら「食べてぇ~」と言っ
ているかの様。なので必ず食べる。

1回に24個焼きます。スタッフも含め、
ほぼ毎日3~4個は我慢しきれなくて
みんなで食べてしまいます。

なので最終個数は20個程・・・。

_DSC2690

焼き上がり時に業者さんが納品に来たら、
思わず2~3個お土産にしちゃう・・・。
なので時には最終個数は17個程・・・。

_DSC2689

この間はご近所の知ってる奥さんが
散歩してた時に道路で出くわして思
わず4個あげた・・・。

なので残り13個。
なのでしょうがないから一回24個焼く
・・・計37個。

夜に納品してくれる業者さんもいるので、
またちょっぴり減る・・・・。

非常に効率の悪い“マルパン”である。

ちょっと前の夜

2017年1月20日 11:17 PM


ワインとシングルモルトのお話し
をお客様に色々教えて頂きました。

最近、本当にお客様から教えてもらう
事が多いんで本当にありがたい事です。

_DSC2676

 

 

_DSC2695

今夜の豚料理

2017年1月8日 11:58 PM


ロース肉に粒マスタードを軽く塗り、
プロシュートを被せて焼きました。

さつま芋のリゾットと焼き野菜にバル
サミコソースを添えて。

_DSC2492

今夜も楽しい夜でした。
21時以降のバータイムも盛り上がりました。
思いがけない出会いの繋がりで、驚いた夜。

シチリアとラングドック

2017年1月7日 11:40 PM


シチリアとか、

_DSC2488

ラングドックとか、

_DSC2489

やっぱりシチリアとか。

_DSC2490

今夜もガッツリと

2017年1月6日 11:57 PM


今夜もワインがガッツリな夜。

_DSC2478

FullSizeRender

最後のお客様は2次会で4名様のご利用。

モンテプルチアーノ・ダブルッツォと
シーバス・リーガルで締め!な夜でした。

_DSC2481

とあるお客様からご紹介頂いたご家族の
皆さんも楽しい方々でした。

uuu

最後はグラッパで

2017年1月5日 11:40 PM


今夜はイタリア、フランス、スペイン、
ドイツ、チェコ、ルーマニア、オレゴン、
チリ、ブラジルなどなどお仕事で世界
中を飛び周り、その各地域のワインを
飲みまくったお客様から色々お話を
伺いました。

ワイン以外にも各地のシェリーや、
リキュールや日本酒のお話も。

実に面白い話でした。

_DSC2487

今夜のお酒はビールから始まり、アルネイスと
グリッロの後はグラッパで締め!な夜でした。

年末は勢ぞろい

2016年12月30日 1:14 AM


年末は毎日のように、ちょっと懐かし
かったり、先週もお顔を見たりしたお
客様がいつもの面々だったり、ご家族
やご友人を引き連れて来たりして、
実に賑やかな夜となります。

特に今年はそんな感じでした。
ありがたい事です。

❖最終の盛り付けを待つ前菜

_DSC2472

❖エビ、アサリ、イカのブァポーレ。

_DSC2476

❖まだクリスマスの余韻が残る
ドルチェの盛り付け。

_DSC2477

明日の夜もそんな感じです。
ご予約の人数が多く、仕入れや仕込み
にちょっと時間が掛かりそうなのでランチ
の営業はお休みを頂きます。

次回のランチ営業は1/4(水)からと
なります。どうぞ宜しくお願い致します。

楽しい夜と片付けの寂しさとスタッフ募集と

2016年12月29日 1:25 AM


今夜はご予約の各々のテーブルでワイ
ン&コーヒー&腰痛の談義。

実に楽しく勉強になる夜でした。

が・・・ディナータイムは独りでやってる
んで、これからぽつぽつ片付け・・・。

さっきまであんなに賑わっていたのに・・・。
寂しいったらありゃしない・・・。

_DSC2471

ランチタイムのホールスタッフを募集しています。
主婦の方々、学生さん、未経験者歓迎です。

❖平日、土・日・祝祭日(11:30~15:00前後)
❖定休日 毎週火曜日及び第1・3月曜
(休日の場合は営業します)
❖0985-26-5727/担当;辻野)

今年のクリスマスは・・・

2016年12月26日 1:10 AM


今年のクリスマスは、もちろんイタリ
アワインもたくさん楽しんで頂きまし
たが、例年にまして頑張ったのが、
この3つ。

_DSC2465

シングルモルトウイスキーとシャンパ
ーニュと焼酎。スコットランドとフランス
と宮崎が頑張りました(笑)。

そろそろ今夜も終わり

2016年12月24日 1:40 AM


連日ありがたい事です。

_DSC2463

今夜は鹿児島の焼酎「魔王」のお土
産を頂き嬉しい。

_DSC2462

明日もおかげ様で満席です。
たくさんのワインをご用意しています。

_DSC2407

最初のお口取り

2016年12月12日 12:07 AM


ピザ生地を素揚げしてパルミジャーノを
まわしかけたゼッポリーニ。

_DSC2444

シャルドネのジュレをカプレーゼ
スタイルで。

_DSC2446

今夜とクリスマスと

2016年12月9日 12:08 AM


今夜はおかげ様で超満席でした。
ありがたい事です。
珍しく?お若い方々が多く賑やかな
店内でした。

さてクリスマスですが、24日は満席とな
りました。
23日、25日は19:30~20:00程
の少し遅い時間からでしたらまだお
席が確保出来ます。

たくさんのご予約を
お待ちしております!

IMG_4445

フランチャコルタとシャンパーニュ

2016年12月5日 12:25 AM


ロンバルディア州のフランチャコルタは
フランスのシャンパーニュ同様、瓶内2
次発酵方式で作られる“奇跡のスパーク
リングワイン”。

でも既に品切れ・・・。

_DSC2434

新しいフランチャコルタを探しつつ、
ヴァ・ドラ・マルヌ地方の一番搾り「クー
ル・ド・キュベ」を少し用意しました。
飲み切りやすい375mlのハーフボトル。

_DSC2438

ピノ・ムニエ60%、シャルドネ25%、
ピノ・ノワール15%でデゴルジュマン
までの熟成期間は24か月のブリュット
ですっきりと。

乾杯用おススメです!

_DSC2437

外は雨でしたが

2016年11月27日 12:48 AM


夜から静かな雨でした。
お店はあちこちのテーブルから乾杯の
グラスの鳴る音と楽しい会話が心地よく
キッチンまで聞こえてきました。

_DSC2464

 

葵ちゃん・・・可愛かった・・・。
5歳の女の子やけど。

先週の1週間

2016年11月23日 11:57 PM


先週はあまりブログを更新してい
ませんでした。いろんな事がありすぎ
た楽しい1週間でしたヨ。

◆人気のパスタランチのサラダは
野菜でんこもり。

_DSC2466

◆夜の最後の締めはグラッパだった夜。

_DSC2460

◆ランチの前菜。サーモンと甘海老
と白ワインのジュレ。

_DSC2458

◆とある夜のコースのメインは、
仔牛と黒毛和牛の盛り合わせ。

_DSC2463

◆鹿児島の馬庭さんからの人参の
お土産。超完全無農薬の人参たちは、
黒田人参や西洋人参の赤・白・黄色。

_DSC2467

◆シャンパーニュはウルヴィル村のドラピ
エのピノ・ノワール主体のブリュット。

_DSC2469

こんな感じです。

2016年11月14日 12:23 AM


夜のB~Cコース(¥5,500~7,500)
はどんな感じですか?と言うお問い
合わせが年末が近づくにつれ増えて
きました。

「全部、写真に撮ってブログにアッ
プしてぇ~」(無茶やわと思いつつ)
とリクエストもあったので、今夜、一生
懸命作って、一生懸命撮りました。

一部、使いまわしの写真もあります。

・お口取り
寒い夜は、オニオンスープ。
夏は鶏のマリネをよく出してました。

DSC2392-450x300

・冷たいアンティパスト
兎に角、よく飲まれる方は、とにかく
ハムやチーズや。

FullSizeRender

鮮魚のカルパッチョだけの時もあ
ります。
(この時はハム&チーズが苦手な
方でした)

_DSC2439

・温かいアンティパストor魚介料
理冷たいアンティパストがシンプ
ルな時の次の1皿は多少豪快に
して帳尻を合わせます。

2種類のエビと甘長ししとうとパブ
リカのリゾット。アロマソースで。

_DSC2443

・パスタ
今夜は真蛸とオリーブ、サルデ
ーニャ産のボッタルガがけ。

これ・・メチャ旨でした。

_DSC2446

・魚介料理
これも今夜。下敷きにしてる野
菜は下仁田ネギ。

鱸のグリルとホタテ。
シャルドネの甘いソースで。

3~4名様時は鍋料理(アクアパッ
ツァ)をど~んと出す時もあります。
たしか10月の中旬に写真をアップした
と思います。

_DSC2447

・肉
これも今夜。既にワインもフルボディ系
になっています。

_DSC2451

大分の黒毛和牛と仏産の鴨の
盛り合わせ。

_DSC2453

最後のドルチェは写真がなくて
スイマセン・・・。

以上、こんな感じです。皿数は仕入
れ状況により変わりますが、どっちか
と言うとお客様のお腹の様子や飲ま
れているワインを見ながら、足したり
引いたり・・・。

昨日は「足りなかったら、何か作りま
しょうか?」って聞いた次第。
料理が終わって、お酒だけ残ってた
らハムやチーズをお出しするってパ
ターンが多いです。

そんな時はだいたい「もう、ドルチェ
はいらんわぁ~」ってパターンも多い。
完全に飲みに入ってます。
(せっかく用意してたのに悲しい)

問題は、僕一人で注文聞いて、ワイン
注いで料理して、運んで、皿洗いして
るんで、ちょっと時間が掛かる場合が
あります・・・。

それでも楽しく作って、楽しく喋って?
います。そんな感じのお店です。


  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • 月間アーカイブ

  • カテゴリー

  • 最近の記事

  • 最近のコメント

  • * RSS FEED